話題のairbnbを運用代行してくれる業者が登場

賃貸物件を不動産会社に

女の人

業務にはノータッチ

賃貸経営では、入居者を集めるノウハウはもちろん、入居者にとって快適な環境作りをするための、建物や設備における知識も必要となります。これらが不足していると、賃貸経営を開始しても、入居者が集まらなかったり早期に退去されたりすることで、オーナーは利益を得ることが困難となるのです。しかしサブリースを利用すれば、オーナーは毎月コンスタントに利益を上げることができるようになります。なぜならサブリースとは、入居者ではなく不動産会社に賃貸物件を貸すというシステムだからです。サブリースによって、家賃は不動産会社からオーナーに支払われるようになります。そして不動産会社は、借りた賃貸物件を利用して賃貸経営を行います。この際に家賃を、オーナーに支払った金額よりも高めに設定するので、それにより不動産会社にも利益がもたらされることになるのです。要はサブリースとは、不動産会社が賃貸経営をするための物件を、オーナーが貸すというシステムなのです。つまり利用によりオーナーは、自ら賃貸経営をする必要がなくなるということです。そのためサブリースは、賃貸経営のノウハウや知識を有していないオーナーからの高い需要があります。しかもサブリースでは、契約期間を30年ほどに設定することも可能となっています。その場合は、不動産会社からの家賃の支払いが30年間持続しますし、もちろんその間は賃貸経営における諸業務に、基本的にノータッチでいることができるのです。そのため老後の生活のための不労所得を希望する人からも、サブリースは人気となっています。