話題のairbnbを運用代行してくれる業者が登場

不動産投資のリスク回避

つみきと紙幣

家賃を保証するシステム

不動産投資を行う際にリスクとなるのが借主による家賃の滞納です。しかし「家賃保証会社」を利用することで、このリスクは解消されます。家賃保証会社とは、借主が家賃を滞納したときに借主に代わってオーナーに家賃を支払い、滞納している借主に対し自社が立替えた分の家賃滞納金を督促する会社のことをいいます。家賃保証会社を利用することにより、例え借主が家賃を滞納しても必ず家賃収入を得ることが出来ますので、不動産投資のリスクを軽減することが期待されます。また、オーナーが滞納金の督促をする必要がなくなるため、空いた時間を有効活用することが可能です。尚、中には「連帯保証人がいれば問題ない」と考える方もいらっしゃいますが、連帯保証人が必ずしも支払い能力があるとは限りません。さらに、現在は親や兄弟など身近な人間に連帯保証人を依頼することを躊躇う方や、そもそも連帯保証人を頼める方が居ないという方も多くいらっしゃいます。このような場合でもオーナーと借主との間に家賃保証会社が入ることにより、オーナーは空き室を有効利用出来ますし、借主側もスムーズに入居が可能となるため気持ちよい契約を結べます。そして、近年急増している日本で生活をする外国人の方とも安心して賃貸契約を結べるというのも、家賃保証会社を利用するメリットの1つです。その他にも家賃保証会社の中には、敷金礼金などを含む家賃の見直しなどを提案するサービスを提供している企業もあります。これを利用することにより、より魅力的な物件となる可能性が高まり、更なる家賃収入の増加も期待されます。