話題のairbnbを運用代行してくれる業者が登場

リスク回避のために

サラリーマンのなかでマンション投資をする人が最近増えているのは、ワンルーム買うだけでできるという手軽さがあります。それから数十年安定した収入を得られるという利点があるようです。もしもの時には遺族の年金として使えることができるという点も魅力的です。

不動産投資のリスク回避

不動産投資の際は「家賃保証会社」を利用することにより、借主の家賃滞納というリスクを解消します。また、滞納金の督促などの業務から解放されたり、日本在住の外国人など連帯保証人が居ないという方とも安心して賃貸契約を結べたりと、多くのメリットがあります。

賃貸物件を不動産会社に

サブリースとは、賃貸物件を不動産会社に貸すというシステムです。それを使って不動産会社が賃貸経営をすることになるので、オーナーは業務にはノータッチとなります。それでいて契約期間中は、不動産会社から家賃が支払われます。30年ほどの長期契約も可能なので、老後の生活のためにサブリースを利用する人もいます。

バックアップは成功の近道

背広の人

必要なプランの選択

国内におけるairbnbの利用者数が急増する中、オーナーであるホスト数も比例して伸び続けています。airbnbは外国人観光客がメインターゲットとなるため、コミュニケーションに不安を感じる人も多いはずです。しかし、今日のようにairbnbのホスト数が増加しているのは、運用代行サービスによるバックアップの賜物といえるでしょう。運用代行にはさまざまなプランが用意されているため、希望に合わせて契約可能です。予約客のメッセージ対応や清掃のように限定したプランのほか、フルサポートの運用代行まで幅広く選択できます。代行内容によってプランが異なりますので、まずはホスト側として不足している部分を探すと良いでしょう。また、必要な部分のみの契約でも十分に運用できますが、本業がおろそかになると判断した場合、フルサポート契約も賢い選択肢となるのです。通常のプランは売上に対して手数料が引かれるため、まとめて任せたほうがお得になるケースもあります。airbnbはチェーンとは異なりますので、工夫やアイデアによる差別化が可能です。運用代行はアイデアの実現をバックアップするサービスであり、プランに沿ってアドバイスも受けられます。例えばホームページ作成やお部屋のコーディネイトのように、希望を形に変えるサービスといえるでしょう。つまり、すべてを任せるのも選択のひとつですが、事前に方向性やデザインをイメージしておくと依頼しやすくなります。